このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

成功への秘訣

漠然と痩せるぞ!と意気込んでも何をするのか、まずどうするか、と悩んでしまい、

とりあえず明日から、なんてダラダラと先延ばしにしたりしていませんか?

ここではダイエットを進めるにあたり、コツなんかを書きます。

目標をハッキリと持つ

きちんと目標と意思をもって取り組みましょう。

ウエストを??cmにするとか、体重を??日で5kg減らすとか、具体的に決めることで

達成までの道筋をイメージ出来てスケジュールも立てやすくなりますよ。

ここで重要なのは無理しないと達成できないような目標を立てないことです、

余裕を持って目標を立てましょう。

まず適正体重を目標に

体重を減らすことを目的にするなら、とりあえず適正体重を目標にしましょう。

標準になるんだと言う仲間はずれ?的な感覚も味方してくれますよ。

適正体重は以下の式から割り出せますので計算してみましょう。

身長(m換算) × 身長(m換算) × 22 = 適正体重kg

例:160cmの方の場合、1.6 × 1.6 × 22 = 56kg

体格の小さい女性の場合は ×22 を  ×20 で計算する方がいいようです。

適正体重目指して頑張りましょう!

無理をしない

目標を決めたらダイエットを決行する訳ですが、決して無理をしないことです。

先の目標で適正な値が設定されていれば無理はしなくても大丈夫なはずですよね?

健康づくりのつもりで毎日の結果を楽しくチェックするのが大切ですよ。

1ヶ月単位で成果を確認

結果を早く出したいのはよく理解出来ますが、もともと長期間掛けて体重増加

してきたわけですから、本当は適正体重に戻すのもそれ位時間を掛けたほうがいいのですが、

それではストレスが先に来てしまい断念する可能性も高くなるので、

1ヶ月単位で効果を確認するようにしたほうが、体にも心にも良いはずです。

なので、例えば半年で10kg痩せるとか達成しやすい目標を設定しましょう。

疲れたら休む

痩せたい気持ちが先行して仕事や家事で疲れているのに食事制限したり運動していると、

それがストレスになってしまいます、体重が気になるからダイエットしているのに、

逆にストレスで過食症、拒食症になってしまっては本末転倒ですよ。

1ヶ月単位の目標設定をしていれば1日位サボっても大して影響はありませんので、

疲れたら休むようにしましょう。

食べた分のカロリーを無かった事に

カロリストン カロリストンの成分が脂質・糖質を吸収されにくい体にする

 

 

更に運動すれば脂肪を燃焼しやすい体に!

 

 

10日間安心返金保証

 

 

通常6000円を2箱 購入で20%OFF