このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

食事との関係

ダイエットは摂取カロリー以上の運動をするだけでも可能ですが、

一般の人は少し無理があると思いますので、食事を少し制限することが必要になります。

ここでは食事方法や、食事についてのワンポイントアドバイスを行います。

3食の食事を

健康の為、1日の活力の為にも、3食キチンと食べるようにしましょう。

朝食を抜くことは脳に必要な糖分が不足するだけでなく、

体が起ききれずに仕事にも身が入らないと言った弊害も出てきます。

1日を頑張って乗り切る為にも朝食は大事ですよ。

食事はバランス良く

食事を制限するとどうしても不足しがちな栄養素が出てきます、

なのでより栄養素の事を考えたメニューが大事です。

たんぱく質、ビタミン、ミネラルを満遍なく摂るのが健康的にダイエットするコツです。

皮膚や筋肉など体の基本的な部分で使用されるたんぱく質は鶏肉などに、

人間の生理的な基本機能を行う為に必要なビタミンは野菜類に、

身体維持に必要な亜鉛、カリウム、カルシウムは魚介類に含まれています。

食事の仕方

食事もただ食べるだけでなく、栄養バランスや食べ方にも気を使うことで

ダイエットの効果を高めることが出来ます。

また不規則な時間に食事を取ると必要以上にカロリーを摂ってしまったり、

体に吸収される分が増えたりとマイナスになりますので注意しましょう。

早食いをしない

早食いをしないと言うのはよく言われることですね、

早食いをすると脳の満腹中枢が指令を出す前に食べきってしまうので、

カロリーオーバーでも関係なく食べてしまうのです。

要は良く噛んで食べることで消化も良くなるし、

脳への刺激も増して腹7~8分でも満腹になると言うわけです。

たんぱく質を多めに

出来れば多少の筋トレをとして筋肉を少しでもつけることも痩せるきっかけとなります。

筋肉をつけることより基礎代謝も多少上がるからです。

そしてその筋肉や皮膚の素がたんぱく質です。

たんぱく質が多めに含まれている食材は牛肩ロース、鶏ムネ・ささ身、卵、納豆などです。

食事制限は辛いと言う方は、糖質・脂肪などの吸収を抑える健康補助食品はいかがでしょうか?

中性脂肪をシャットアウト!

コレステロール・中性脂肪を低下

させる効果があります。

アメリカのFDAが効果と安全性を認めています。

6000円