サバの缶詰で痩せるって本当?|ダイエット検証

2013.9.20|痩せるやり方色々

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

saba

たけしの家庭の医学で取り上げられた

鯖缶ダイエットに関する話題です。

美味しいものを食べてダイエット出来るなんて

幸せな事はない!って事で、

鯖缶とダイエットの関係を調べてみました。

鯖缶って味が染みてて美味しいですよね~!

 

 

 

鯖缶を食べると痩せるの根拠

山形県のある地方では鯖缶が日常的に食べられており、

その人たちを調べてみるとインクチレンと言う

ホルモンの分泌が活発に行わていました。

インクチレン(GLP-1)とはインスリン分泌を促すホルモンで、

血糖値を下げる効果があります。

またGLP-1は食物の意から腸への移動を遅らせる働きがあるため、

満腹感が続くと言う効果もあります。

なので満腹感の増加=食べる量の減少で痩せる効果があります。

鯖などの青魚に含まれているEPAなどは、

中性脂肪を分解する効果があります。

 

中性脂肪をシャットアウト!

コレステロール・中性脂肪を低下 

させる効果があります。

 

アメリカのFDAが効果と安全性を認めています。

 

6000円

GLP-1と痩せるの矛盾

インスリンは血糖値を下げますが、下げた血糖はどうなるか知ってますか?

血糖はグリコーゲンと言う物質に変換され、すぐ使えるエネルギーとして

肝臓や筋肉に貯蔵されます。

しかし余ったグリコーゲンは脂肪細胞へ蓄えられるのです。

それって「太る」ですよね?

インスリン効果だけでは実際は太るのです。

鯖缶とダイエットの真相?

糖尿病治療にインスリンが使われているのは事実ですが、

それは血糖値をコントロールするためであって、

痩せるためではありません。

糖尿病の人は食事制限や運動して痩せる努力をしているはずです。

私は恐らく皆が血糖値が下がる→痩せると勘違いしてると思いますが、

鯖にはEPAも含まれていますので、下げた血糖値で作られた脂肪を

EPAの中性脂肪分解力とのトレードオフになると思います。

それでも鯖缶で痩せる?

血糖値を下げてもダイエットにはなりませんが、GLP-1のもう一つの効果、

胃から腸への排出作用の低下があります。

これは満腹感効果が続くので、食事量が減って結果的に

ダイエットに繋がりますのである程度はあるのかな?て感じです。

と言っても早食いしたり大量に食べると余り意味がありませんね。

EPAが幾ら中性脂肪を分解すると言っても限界がありますから。

やっぱり適度な食事と運動がダイエットには一番!

て事ですね。

 

スポンサーリンク

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。