後ろ姿が小尻美人になるには?

2011.6.13|お尻を小さくしたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ushiro体重が増えてお尻が大きくなったみたい、

出産してお尻が大きくなってしまった

なんて悩みを持っておられる方も多いはず。

ここではお尻が大きくなってしまった要因や

解消法などをご紹介します。

 

参考にすれば小尻美人になれるかも?

 

お尻はなぜ垂れる?

男性に比べて女性は腰から下にかけての皮下体脂肪がおおく、

また、お尻や太ももの筋力の低下などで脂肪が下がってしまい、

お尻が大きくなったり、垂れてしまう事が多いようです。

また下半身と言うこともあり、リンパの循環が悪くなって皮下脂肪へ

セルライトとして定着したりという可能性もあります。

その中でも大きな要因は皮下脂肪ではないでしょうか?

お尻を垂れなくする

見事なクビレが出現!

クビレと美尻を同時に実現した人続出

 

24時間履いて居られるほどの楽チン骨盤補正下着

 

楽天の下着、インナー、補正下着、ガードル部門1位獲得!
熟れているのにはわけがある

 

1着お試し価格1980円

 

お尻の垂れをなくす・小尻にするには幾つかの方法があると思われますが、

骨盤用のストレッチやエクササイズが有名ですね、

後はお尻をサポートするベルトなどを着用するとかも流行っています。

お尻を小さくする方法

年齢的なもので筋肉が弱っている場合は筋力アップの為にストレッチをすると良いでしょう。

セルライトなんかはすぐ取れないので、運動やマッサージで頑張ってお尻を小さくしましょう!

お尻を鍛えるストレッチ

主にお尻の筋肉を鍛えます、それに伴ってヒップアップの効果を狙う方法です。


・横向きに寝て、足をゆっくり上に上げる動作を片足づつ20回ほど続けます。

・四つんばいで片足づつ浮かせた状態から上へ跳ね上げます。この動作を片足20回ほど、両足続けます

・上記動作を計10分間ほどやります。腰とお尻の筋肉が鍛えられる感じでいいですよ。

運動が苦手な方には

中には運動が苦手な方もいらっしゃるでしょうし、

お仕事や家事で時間の取れない方もいらっしゃる事と思います。

そのような方は、お買い物にマメに行くようにする、掃除を時間をかけてやる、

などの動作を続ける事で消費カロリーと筋肉の衰えなどを抑える事もできますし、

何事も少しの運動の積み重ねからです。

また、腰から下をサポートするようなショーツやベルトが

効果があるでしょう。

 

スポンサーリンク

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。